女性の薄毛でお困りの方!お使いのシャンプーが原因かも!石鹸シャンプーのススメ

石鹸シャンプーとリンスの画像

こんにちは、みきあやです星

最近髪の毛が薄くなってきた・・とお悩みの方、いらっしゃいますか?

私も、1年前は、外出時には帽子が手放せないくらい、本気で悩んでいました。

高齢で出産(40歳で次女出産)したから、髪の毛が抜けたのかな・・とか、すでに更年期が始まりつつあるから髪の毛が抜けたのかな・・とか。

一人で悶々と悩んでいました。

でも、どうやら、自分が使っていた、シャンプーが悪かったみたいなんです!

もともと、極細くせ毛なので、合成成分の入ったシャンプーだと、キューティクルが壊れ、寂しいくらい分け目が目立っていたみたいなんですね涙

石鹸シャンプーとリンスの画像

でも、石鹸シャンプーを1年使い続けた今、髪の毛を結んでいても、薄毛感がなくなりました!

長年行っている美容室でも、褒められることが増えてきたし、絡まりも少なめ。

今生えてきている髪は、きちんとしたキューティクルを保てている気がします。

今回は、薄毛の原因の一つである、合成成分についてと、「実際のところ、石鹸シャンプーってどうなの?!」について、ご紹介いたします♪

なぜ薄毛になるの?

薄毛で悩まれている方、もしよかったら、ご自分が使われているシャンプーやコンディショナーの成分をご覧になってみてください。

多分、カタカナで書かれた、よくわからない、化学用語が並んでいるかと思います。

これは、合成成分なんです。

ちなみに、植物由来と書かれていても、石油成分と全く同じ、自然界にはない成分だから、結果的に合成成分です。

これが、髪の毛や頭皮に、恐ろしく悪い影響を及ぼしているんですよ。

合成成分が髪に悪いってどういうこと?

実は、髪の毛って、3層に分かれてて、内側から、毛髄質、毛皮質、毛表皮(キューティクル)となっています。

最後のキューティクルは、よく聞かれると思います。

このキューティクルは、透明で角化した細胞がうろこ状に並んで、髪の保護膜になっています。

ところが・・。

合成シャンプーを使用していると、合成成分が、髪の汚れを溶かすだけではなく、キューティクルまでも溶かして、乾燥した細い髪にしてしまうんです!

そして、恐ろしいことに、髪を髪の根元にある毛母細胞(髪の毛を生やしたり成長させたりしているところ)までも壊してしまいます。

結果的に、毛根と毛根の間が広くなって、薄毛になるというわけです。

石鹸シャンプーは何がいいの?

石鹸シャンプーは、泡立ちもよく、洗っている最中には、きちんと頭皮の汚れを落としています。

そして、水で流すと、すぐに界面活性成分(汚れ落とし成分)を失います。

つまり、肌の皮脂膜や、余分なものを溶かすことがないんです。

石鹸の画像

特に、成分の良い石鹸で髪を洗うと、お湯で流し始めたら、すぐ、キュッキュッというきしみを感じるはず。

それに、石鹸が流れていく体もベタベタせず、すっきりするかと思います。

ところが、合成成分がたっぷり入っているシャンプーで洗うと、髪の指通りがよくなって、スルスルになる?と思いませんか?

あれは、合成成分が、キューティクルを溶かしているから、ヌルヌルしているだけなんです。

ついでに、少量とはいえ、体にも合成成分がくっついて、ヌルヌルを感じる方もいるはず。

毎日少しずつ、自分の体の表面が壊されている・・と思うと、怖くなりますね。

石鹸シャンプーはきしむの?

でも、いざ石鹸シャンプーを使おうと思うと、躊躇される方が多いと思います。

原因は、きっとこれ・・。

  • きしみがすごそう・・。

はい、全くその通りです。

きしみがすごい・・

きちんと洗おうとすると、きしみがすごいです。

特に、合成シャンプーを使われていた方が、いきなり石鹸シャンプーに変えると、ひどいです。

私も経験があるからわかります。

これまで使用してきた合成成分で、相当キューティクルが壊されているので、2週間近く、ごわごわとした髪になるんですよね。

私も、小鳥が巣を作れるくらい、暴発しました涙

しかも石鹸が、なかなか泡立たない!

その上、薄毛がひどかった、頭の真ん中が、脂っぽくなりました。

もうね、髪の毛のてっぺんが、ベタベタ。

石鹸シャンプーとリンスの画像

これは、合成成分の油剤や合成ポリマーが、頭に残っていたため。

でも、使い始めてから、2週間目くらいに、あれ?いつもより泡立っているという、不思議に思う瞬間があったんですよね。

それ以来、頭頂の脂っぽさがなくなり、ごわごわ感も徐々に薄れてきました。

少し手間はかかりましたが、今は全く気にせずに使えるようになってます。

今思うと、頭皮のダメージが半端なかったんですね汗

どうやって洗うの?

石鹸シャンプーは、少し洗い方が独特です。

せっかくなので、私が使っているのがこちらのシャンプー&リンスの使い方をご紹介いたします。
石鹸シャンプーとリンスの画像右矢印 無添加手作り石鹸シャンプー 「黒みつ」
右矢印 無添加ビネガーハーブリンス「アンティアン リンス ラベンダー」

公式サイトを見ると、使い方がきちんと載っているのですが、私なりに工夫している点などを踏まえて、使い方ご案内しますね。

      1)シャワーで、満遍なく髪を濡らす
      2)シャワーを浴びつつ、石鹸バーを泡立てずに髪全体に30秒ほどこすりつけます(こうすると泡立ちがとてもよくなります)
      3)シャワーを止め、改めて石鹸バーを泡立てずにこすります
      4)アワアワしてくるので、頭皮を30秒ほどマッサージ
      5)しっかりと洗い流す
      6)シャワーをとめ、洗面器にお湯を張り、リンスを一回し入れる
      7)洗面器に髪を入れる
      8)1分ほど満遍なく浸し、お酢の香りがなくなるまで、しっかりと洗い流す

とにかく、石鹸シャンプーもリンスも、しっかりと洗い流すのがポイント!

石鹸で、ガチガチにキシキシだったのが、リンスをすることで、ガチッと髪がまとまる感じになります。

あとは外に出て、ドライヤー。

もし、天然オイルがあれば、髪の毛がしっとりと水分を残した状態で、少量だけつけるとベスト。

私はこれを使ってます。

肌にも髪にも使える、A’kin(エイキン)のフェイス&ボディ ローズヒップオイルが優秀!

ブラッシングする頃には、しっとりとした、合成成分にも負けない、サラサラな髪ができていますよハート

薄毛でお悩みの方は、石鹸シャンプーをお試ししてみて!

嘘だと思うかもしれませんが、私も2週間ほどで、髪の毛が少しずつ改善され、今は本当に薄毛で悩むことがなくなりました。

薄毛の頃の自分の写真は、恥ずかしくて全く持っていないので、今ここでお見せすることはできないのですが、証言者として、私の母や同僚の人たちを連れてきたいくらい!

今は、外出時に帽子をかぶらず、堂々と歩けるようになったから、本当に嬉しい!

ちなみに、石鹸シャンプーはどれがいいの?って聞かれると・・。

石鹸シャンプーとリンスの画像

実は私、あまりにこの石鹸シャンプーが気に入りすぎて、1年間、こればっかり購入してきました目

成分がまず、おばあちゃんでもわかる成分。

石鹸:石鹸素地=(オリーブオイル、ココナッツオイル、パームオイル、精製水、苛性ソーダ)有機栽培ラベンダーエッセンシャルオイル(農薬不使用)、ペパーミントエッセンシャルオイル、ローズマリーエッセンシャルオイル、黒みつ

リンス:食用米酢、ドライラベンダー、有機栽培ラベンダーエッセンシャルオイル

ほんと、合成成分にありがちな、カタカナや英語表示は、全く並んでいないですよね。お気に入りです。

ちなみに、コスパもよくて、最近は2日に一度は湯シャン(お湯で流すだけ)も取り入れているので、だいたい、このセットで、1ヶ月半から2ヶ月くらいかな。

髪がとっても落ち着いてきたので、これからは、成分の良い他の石鹸シャンプーも試していくつもりです。

薄毛でお悩みの方、もしよければ、一度、石鹸シャンプーにも、チャレンジしてみてくださいね。

合成成分たっぷりの、育毛剤を購入するよりも、いい結果が出るかもしれませんハート

公式サイト
右矢印 無添加手作り石鹸シャンプー 「黒みつ」
右矢印 無添加ビネガーハーブリンス「アンティアン リンス ラベンダー」

天然植物オイルの力で、頭皮にも環境にも優しい 無添加石鹸シャンプー&ビネガーハーブリンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA