プリンセスクルーズ5日目!ロシアに初上陸!ユジノサハリンスクの町並みを見てきた!

栄光広場の画像

今日は、私の人生初のロシア!

もう朝からワクワクしてました。

日本時間の朝4時半に起床。でも、ロシアの方が2時間早いことになっているので、実は、現地時間6時半。

外を見ると、すでに、ロシアが目の前に近づいていました!
ダイヤモンドプリンセスからロシアを見た画像

大急ぎで、子供達のヨーグルトやパンを取りにホライズンコートに行き、自分のお洋服や準備を済ませた後、子供達をおこして朝ごはんを部屋で取らせます。

寝ぼけ眼の子供達の準備を済ませて、必死で、7時45分にシアタープリンセスに走ります。

私たちが頼んだツアーは、「ユジノサハリンスクへのドライブ(ガイド無し)」

本当は、コルサコフ散策とか、マトリューシュカ絵付け体験など、いろいろあったのですが、一番長い時間のものを選択。

自分でビザを取得するということもできたのですが、降りた港から主要都市までが、かなり遠かったので、多分ツアーでなかったら、途方にくれてたと思う。(←英語が結構通じないことが多かったし汗

受付番号の画像
受付をすませると、ツアーの人たちと一緒にシアタープリンセスの席に座り、赤の6番が呼ばれるまで待機。

ここからが長くて、なんと1時間ほど待ち、やっと出発できました汗

子供達は、朝早く起こされて不機嫌な上に、待たされているものだから、喧嘩を始める始末。

「あと1時間、寝かせて欲しかった〜」・・と思いながら、一旦パスポートを返してもらいます。

階段で、4階まで降り、プリンセスダイヤモンドに常備されている小型船に乗り、すごい揺れの中、出発したのであります♪

人生初のロシア!

小型船は揺れに揺れ、遠くを見ていないと、私も酔いそうなくらい。

でも子供達は楽しかったみたいで、ジェットコースターみたい!とウキャウキャ言ってました。

小さな港の画像

到着したところがユジノサハリンスク!!

港と言っても大型船が乗リこめないような、小さな港。

あまり整備されていない道に、こじんまりとしたバスが待っていました。
バスに乗り込んだ画像
サイドミラーがまるで耳みたいに垂れてる、ユニークなバスに乗り込み、市内に向かって出発。

トイレ休憩(15分)

町並みに興味津々だったのですが、最初に広がるのは田舎道。

早起きしていた子供達は、うとうと・・。
牛?がいた場所
牛(?)が本気で、放牧されている場所を通り過ぎます。トコトコと道まで出てきそう・・。
市内の画像
しばらく行くと、一緒に乗っていた、クルーズのスタッフの方(←ガイドさんじゃありません)が、「15分のトイレ休憩ですー」と言ってくれました。
ロシアの町並み
そこに広がるのは、カラフルな町並み!曇り空なのが残念。
市内の画像
ロータリー型の曲がり道、ラウンドアバウト発見!広い道路だからこそできるんでしょうねー。

ここで15分のトイレ休憩。

実は、おみやげ物屋さんもあったのですが、時間の関係で、ちょっぴり見ただけ。

トイレの位置がわからなくて、建物の警備をしていたスタッフさんに、英語で聞いたのですが、通じずびっくり(←ロシア語で覚えていけばよかった・・)

トイレに行きたかった長女がモジモジしていたので、スタッフさんが察してくれて、指差しながら「だだだーだだだー(←としか聞こえなかった)」。行ってみるとお手洗い発見。なんとか間に合いました。

人は、言葉ではなく、雰囲気と身振り手振りで、簡単なことなら分かってしまうものなんだなぁと改めて思いました。言葉が発達する前の、古来の人間になった気分。

とはいえ、短期滞在でも、「トイレどこですか!」とロシア語で言えるようになっていた方がよかったと、心から思った瞬間。

栄光広場

なんとか、無事トイレに行ってバスに戻ると、すでに出発時間。あっという間すぎてびっくり!

走り始めてすぐに着いたのが、栄光広場。ここも15分で出発しますーという声を聞きながら、大急ぎでバスを降ります。

栄光広場の画像

ここは、明治時代には、樺太神社とも呼ばれていた場所なのだとか。

季節は、今まさにタンポポや綿毛、蝶々が飛び交う春。

7月に来たのに不思議な気分でした。
マリア像の画像
マリア像がたつ慰霊広場も、遠くから見えました。

鍵が下げられている場所
ここは、結婚式を挙げたカップルの方々が来る場所らしく、階段の手すりに、名前を書かれた鍵がたくさんつけられていました。

あっという間に15分が過ぎ、すぐにバスに乗ります。

落ち着いて、写真も撮れないー!

勝利広場・キリスト復活主教座聖堂

続いて到着したのが、勝利広場。
勝利の広場
1975年に建設されたのですって。

広場中央の台座に、旧ソ連の主力小型戦車「T-34」が展示されてました。

右手を見ると・・
キリスト復活主教座聖堂
キリスト復活主教座聖堂がどどーん!

アラジンを思い出す形の聖堂。ちなみに、中に入ると、素敵な壁画が観れたのですって。

私は、子供達を追うのに必死で、全然見れませんでした・・(残念)

サハリン郷土史博物館

あっという間の15分。

それでも、集合に遅れた方がいたので、5分くらい遅く出発。
ガタガタ道
ガタガタとした田舎道を見て・・
ウェルカムと書いている場所
ウェルカムだけしか読めない横断幕を過ぎたら・・。

サハリン郷土博物館
サハリン郷土博物館に到着。

目の前にある狛犬は、旧樺太神社から移設したものなんですって。

道は綺麗ではなく埃っぽかったので、ハウスダストアレルギーのある長女がくしゃみを連発してました。

でも中は、とっても綺麗!
噴水の画像子供達は、噴水に目を奪われてました。

花盛りの画像名前の知らない、綺麗なお花。

蝶々も飛んでて、子供達が大興奮。

でも、ここも、30分しか居られない!ということで、早々に中に入ります。

中に入ったらまず、自然と生態系の博物館。
猫のくん製
次女が、「かわいー!連れて帰る」と言って聞かなかった猫。

クマのくん製
戦うクマ。

トナカイの画像
そして、トナカイ。

子供達は、その大きさに大興奮してました。

先住民族の衣装の画像
先住民族の衣装など、文字がわからなくても見ているだけで面白かったですよ。

博物館好きな私なので、もっとゆっくり見たかったのですが、すぐに出発。

後ろ髪を引かれながら次の場所に向かいます。

シティモール

さて、今回のツアーで、一番楽しみにしていたのが、ショッピングモールでのお買い物。

お買い物は、お土産物屋さんではなく、日本のイオンのようなショッピングモールだったんですよね。

基本主婦なので、スーパーのような売り場でお買い物したくてウズウズ。

ショッピングモールの画像
ここでは、クレジットカードのみ使用可能。アメリカドル、日本円の使用は不可とのこと。

案の定、トイレの時間も含めて30分という短さだったので、降りた瞬間、走りましたよー。

中がとっても広いので、トイレに行くと、すでに10分経過。
店内の様子
大急ぎで1階のスーパーへ。

店に入るなり、見たことのない野菜などがお目見え。
ドリンク類の画像
不思議な飲み物もあったから、じっくりと眺めていたかったなぁ・・。


安売りをしているんだけれど、これなんだろ・・ってものもありましたよ。

母は、くるみの量り売りを発見!すごく安いー!と大喜びして買ってました。いったいいくらだったのかしら?

私たちも探したかったのですが、子供がお菓子売り場に夢中。

そうこうしているうちに、次女が「トイレー」と言いだして、再度トイレに向かう羽目に。

ということで、購入できたのが、少しのお菓子のみ・・。
お菓子の画像
もう泣くしかないわ・・涙

ルーブルがいくらなのかわからないまま、クレジットでお支払い。
帰りのバスの中
帰りのバスの中は、子供達はルンルンしてたのですが、私はぐったりしてました。

ロシアに来たのに、ピロシキも食べておらず、マトリューシカを買ったわけでもなく。せっかく両替をしたのに残念な気分。

一番長い時間いられるツアーだったものの、港から市街地まで1時間近くと長かったため、ちょこまか動いて、実際にバスから降りた滞在時間は1時間半(?)、残念でした。

お土産は買ったものの、ご飯は買えなかった私たちに、一緒に乗っていたバスの方がパンをくれたりして、賑やかにバスに乗ります。

ダイヤモンド・プリンセスに帰ってきた

最後には、小型船の上の解放部分を陣取り、帰ってきました。
小型船からプリンセスクルーズを見た画像
気持ちが良い風に吹かれて、帰りは酔い止めを飲まなくても、ちっとも酔わず。

遠くに見えるダイヤモンド・プリンセスの素敵な雄姿。帰ってきたーと、なんだかホッとしてました。

ちなみに、遠くから見ていると、今乗っている小型船が、ダイヤモンドプリンセスの横に吊るされていた小型船であることが判明。

小型船を元の場所に戻しているところ見たいよねと両親と言ってました。

今日の夕食

部屋に戻ると、すぐにお腹が空いたと子供達が騒ぐので、アフタヌーンティーへ。

アフタヌーンティーでは、子供達は相変わらずスコーンを頼み、紅茶。

大急ぎで駆け回った私は、お腹が空きすぎて、サンドイッチもチョイス、ホッと一息。

部屋に帰ると、お洗濯、子供達のお風呂、お着替えを済ませ、今度はディナー。

1日何にもしていないのに、しなくてはいけないことがたくさんあって、毎日があっという間。

今日のディナーは、サラダと、鶏肉、それに、ラブボート。
夕食の画像1
次女は、カレイを半分平らげ、長女は、フルーツサラダとミルクと注文。お腹が空いていたのか、一気に頬張って、デザートをせがんでました。
ディナーの画像
父も、すごく大きなお肉を、すごい勢いで食べていました。

シアタープリンセスで、落語を聞く!

ディナーが終わると、落語を聞きに、シアタープリンセスへ。

始まるのは7時45分なのですが、7時15分頃から席を取ると、無事座れます。

ただし、次女が飽きて暴れるので、座れるのも良し悪しかな・・。
ダイアン吉日さんとパチリ

その後、ダイアン吉日さん(女性)の落語が始まります。

落語の基本的なこと(手ぬぐい、センスの使い方、それぞれの名称など)を最初に、続いて、オリジナルな小話。

長女は初めてだったので、楽しめるかなぁと思っていたのですが、日本語と英語を織り成す落語なのに、すごい食いつきで、結果最後まで通しで見てました。

しっかり拍手をして、時計を見ると、20時半。

外はまだ明るいので、船外7階に出たら、ちょうどダイアンさんが歩いてきてて、写真を撮ってもらうことに。ラッキー。

小型船が吊るされているところ
ロシアの港まで連れて行ってくれた小型船も、綺麗に掃除されて吊るされてましたよ。

小型船が無事吊るされているのを確認したら、両親も私もクタクタだったので、そのままお部屋に帰りました。

でも、よくよく考えると、時差で2時間進めているので、実際は、まだ、日本時間の19時くらいなんですよね。

せっかくなので、まだまだ元気な子供達と、英語でミリオンズ3を見ることに。

英語で見ても、こういう映画だと結構わかるんだなぁと思って今日はおしまい。

明日は小樽。

また2時間針を戻して、ベットに寝転がると、あっという間に寝始めたのであります。

右矢印 クルーズ旅行記を初めから読みたい方はこちら!
お部屋の写真【豪華客船クルーズ旅行記】1日目!ダイヤモンド・プリンセスの子連れ旅に行ってきました!

公式サイト
右矢印 プリンセスクルーズ公式サイト
右矢印 クルーズ専門旅行会社 ベストワンクルーズ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です